油井さんを見習って、まずは沖縄の歯科へ 2015年8月5日

7月23日、日本人宇宙飛行士の油井亀美也さんが、カザフスタンの宇宙基地から宇宙ステーションへと旅立って行きましたね。

いくら宇宙服を着ていても、宇宙に出るとカラダにいろんな支障が出ると言います。

まず、選抜の時点で、医学的・心理的なあらゆる厳しい条件をクリアし、まだミッションに指名されない間も、年1回の医学検査が行われて、その検査を元に宇宙飛行士として認定されるのです。

油井さんは現在45歳、宇宙飛行士候補に抜擢された時点で39歳と、歴代の日本人宇宙飛行士の歴代最年長だったそうですから、他の若い宇宙飛行士候補に混じって、その健康状態をベストに維持してたってことがすごいですね。

ただでさえ、その年齢はカラダに不調が出始める年齢ですからね。

宇宙に行くと、骨粗しょう症のリスクもあるというから、歯も弱くなったりするのかしら?宇宙では歯の中の空洞との気圧差が生じてものすごく痛み出すから、虫歯はしっかり治療していないといけないそうですね。

油井さんを見習って、私も自分の健康管理をしっかりしなきゃ。まずは、沖縄で歯科に行くかな。

油井さんを見習って、まずは沖縄の歯科へ はコメントを受け付けていません。
Categories: その他