八幡西区にもあった矯正治療ができる病院 2017年1月29日

去年、東京に住むいとこが遊びにやってきました。
うちの子より少し大きな小学生の女の子がいます。
やはり都会の子ですね。
来ている衣装もセンスがいいし、仕草もとっても女の子っぽい。
東京にはこんな女の子がたくさんいるのかな?
うちの子も少し大きなお姉ちゃんのことをとても憧れのまなざしで見ていました。
その彼女ですか、以前、遊びに来た時は、顎が小さいので、奥歯を抜歯しないといけないかもという話をしていました。
実は、私もそのいとこも顎が小さくて、子どものころに同じように抜歯をした経験があります。
でも健康な歯を抜くのは、当時の私ですら、納得がいきませんでした。
うちの子も、やはり顎が小さいので、同じような経験をしないのかといけないのかと心配していたのですが、そこの娘さんは、床矯正というものをしているそうです。
これは顎を広げて歯をきれいに並べる方法らしくて奥歯は抜かなくてもいいのだそうです。
今はそんな方法があるんですね。
やっぱりこれって東京のような大都会だからこそあり得るものなのかなと思っていましたが、調べてみると、なんと北九州市でも八幡西区の矯正に力を入れている宮本歯科医院でやってくれるそうです。
矯正の正しい技術を持つ歯科医院というのはなかなかないようですが、こちらの先生はとても優しそうで、ホームページでも親切に説明がありました。
小学校1年生ぐらいから始めると、治りも早いそうなので、一度連れて行ってみようかと思っています。

八幡西区にもあった矯正治療ができる病院 はコメントを受け付けていません。
Categories: その他

藤沢駅の歯医者に駆け込み 2017年1月1日

私が足を運んだのは、藤沢駅の歯医者である。
その理由は単純で、歯が痛いから。
ただそれだけの理由である。
正露丸を歯に詰めようかとも思ったけれど、それでもっと取り返しのつかない状態になってもイヤだったので、そこは素直に歯医者に行くべきだろうと思ったのである。
実際に歯医者に行ってみると、なんだかとてもヤバい状態だったらしく、すぐに歯をガリガリとやられて、内心は悲鳴をあげながら痛みに耐えていた。
どうやら、うまく歯を磨くことができていなかった部分があったらしく、そこに虫歯が繁殖してしまったらしい。
抜くところまではいかないまでも、詰め物をしなくてはいけなくなってしまった。
まあそのことはいいのだが、虫歯の治療ってもっと痛くなくできないものなのだろうか。
いい歳こいて、脂汗を流しながら歯の痛みに耐えるというイヤなパターンを味わったのであった。
まあきっと、今時は技術革新が進んでいるから、いずれは歯の痛みを感じさせない虫歯の治療の機械が開発されることを私は信じている。
それなら歯石除去に2ヶ月に一回くらい通うようになるのになあ。

藤沢駅の歯医者に駆け込み はコメントを受け付けていません。
Categories: その他