いい歯科はどんな歯科 2018年12月14日

歯科治療には、「痛い」「辛い」といったイメージを持つ人が多いと思います。
出来れば、「いい歯科」を選びたいと、思いますよね?
痛くない、処置が上手、先進的な治療ができるなど、「いい歯科」のイメージがあるともいます。
ただ、私たちが思う「いい歯科」と、歯科医師が思う「いい歯科」には違いがあるようなのです。
では、どんな歯科がいい歯科なのでしょうか。
実際、どんな歯科が「いい歯科」だと思うかと言うアンケートで、技術面を挙げた者が大半を占めます。
しかし、これが歯科医師対象のアンケートの場合、「治療計画」がトップになるそうなのです。
治療計画についで多かったのが、「メンテナンス力」だそうです。
確かに、技術が高ければ、その場の治療は上手くいくかもしれません。
しかし、歯科治療というのは、患者さんの口腔内を良い状態に保つため、長期的なスパンで考えなくてはいけない分野ですよね。
なので、しっかりとした治療計画と、治療後のケアが大切となってくるのです。
この記事を読んで、妙に納得しました。
歯科を選ぶ際は、ついつい「痛くなかったよ!」という評判を頼りにしてしまいますが、これからは、長期的にお付き合いできる歯科を見つけたいなと思いました。

Categories: その他