弁護士に付き添われて裁判所へ 2019年3月31日

自己破産をしましたが、自分の場合は管財事件になってしまったので、終わるまでに結構長い期間がかかりました。
最初に相談した弁護士の先生とは別に、管財人の弁護士の先生とで手続きを進めていくことになりました。
管財人のところへは自分宛の郵便物が転送されることになります。
自分の場合はタイミングが悪く年末年始をはさんでしまい、管財人の先生のところに年賀状が行ってしまうことになりました。
もちろん管財人のところへ転送された郵便物はあとで返してもらえますので大丈夫ですが、何となく嫌ですよね…。
そんなこんなで弁護士に付き添われて裁判所で行われる債権者集会がありました。
初めてのことなので独特な雰囲気だったのは数年経った今でもよく覚えています。
ただ、裁判所では弁護士先生した頼りにできる人はいませんので、これほど心強いことはなかったように思います。
今思えば、債権者集会に集まった自己破産の人の数は相当多いです。
こんなにいるんだ…と変な感じですが、逆にそれほど珍しいことではないのかもしれない、と思いました。
不謹慎ですが、みんなでやれば怖くない、かもしれません。

Categories: その他